広島市障害者自立支援協議会東区地域部会 こども部会  

広島市障害者自立支援協会東区地域部会の活動の様子


広島市障害者自立支援協議会は市内8区に分かれた「地域部会」というグループを組織し、区ごとにその地域の特性や課題に応じた活動をしています。
 
その中でも東区地域部会は、平成30年度より「おとな部会」「こども部会」「地域支援部会」「災害部会」という分野ごとの部会に分かれて活動を展開しています。
 
ここでは「こども部会」の活動を中心に、私たちがどんな活動をしているのかをご紹介します
(将来的には他の部会の活動状況なども報告できれば…と考えています)。

広島市障害者自立支援協議会 東区地域部会 令和元年度 研修会

2020年11月26日(木)10時~12時
 
広島市障害者自立支援協議会 東区地域部会 令和2年度 研修会 
広島市東区総合福祉センター3階大会議室において、コロナウイルスのため定員が80名となりましたが、79名の参加で、見出しの研修会を開催することができました。
今回は、東区内の多くの民生委員をはじめ、家族会、おとな部会、こども部会の会員やボランティアグループ、行政、相談事業所など区内の関係者、事業所を中心に参加がありました。
 
開会のあいさつでは、東区厚生部部長、久岡桂子氏から、自身も保健師として、精神保健に携わってきた思いも織り交ぜて話していただきました。
 
続いて市の精神保健福祉課の主任技師、徳重葉子氏から、精神障害の方の、外来や入院などの状況、退院の見通しやそれを阻む要因など、現状について伝えていただきました。また今広島市の進めている「精神障害にも対応した地域包括ケアシステム」についても、イメージ図なども使って伝えていただきました。
 
講演としては、広島第一病院の院長、松岡龍雄氏より「こころの病気の特徴と周囲の人のかかわり方」と題してお話いただきました。
自身もラジオのパーソナリティとして、精神障害のことを伝えている思いや、「統合失調症」「うつ病」「アルコール依存」「発達障害」など主な病気や障害について、具体的な特徴をあげて、とても分かりやすく説明していただきました。また広島第一病院の機能や地域への貢献など、果たしている役割についてもお話いただき、東区の中の頼もしい存在として、再認識できました。
 
続いて同じく広島第一病院の精神保健福祉士、佐藤真由美氏からは、「精神疾患の方の地域での関わり方について」で、事例を通して、本人や家族への地域の方や専門機関、病院、警察などとの連携について、具体的な関わり方を話していただき、地域包括ケアシステムってこんな風に機能していくんだなとイメージしていただくことができたのではないかと思いました。
 
最後に地域支援部会の部会長、河合邦芳氏から、「障害者自立支援協議会ってこんなところです」と題して、自立支援協議会の体制や、東区でのそれぞれの部会の特徴、取り組んでいることを話していただきました。また困っていることもみんなで検討していけますよ、と呼び掛けていただき、お開きとなりました。
 
精神障害の方について、いろんな現状や支援、動きがあることがつかめて、東区の皆さんでつながって助け合えることも確認できた研修でした。皆さん、ご参加ありがとうございました。

広島市障害者自立支援協議会 東区地域部会 令和元年度 研修会

2020年01月17日(金)10時~12時
 
広島市障害者自立支援協議会 東区地域部会 令和元年度 研修会 
「西日本豪雨災害の事業所での対応と、その後。」が、東区地域福祉センター3階大会議室で開催されました。
 
参加者は、講師も含め総勢50名となり、東区内の障害関係の事業者や団体はもちろん、他の区、町からや、行政、高齢者などの分野からもご参加をいただきました。
 
開会のあいさつを東区厚生部部長 清水貴司さんよりいただき、続いて呉の社会福祉法人たまご会所長 室 宏幸さんより、表題の内容で講演をしていただきました。
 
豪雨災害があったその時を時系列で追いながら話していただきました。想定外の雨量で判断がもう30分遅れたら災害に巻き込まれていたかもしれなかったこと。幸いにも水や電気が使えたことで支援ができたこと。送迎ルートや利用する事業所の変更などその時々に合わせて柔軟な対応を行ったこと。など、私たち自身もその時にさかのぼって、状況を想像しながら聞くことができました。
 
その中で通信手段の確保、緊急の連絡網の準備、地域や他の事業所とのつながりなど、これから災害が起こった時に必要になることを再度認識することができました。
 
さらにグループワークで、自分たちに置き換えて意見交換をすることで、様々な気づきも得ることができました。
次に災害部会部会長 はぐくみの里 福田誠さんより、この間の災害部会で学んできた「福祉避難所」、「避難行動要支援者避難支援制度」、「災害用伝言ダイヤル」を解説していただきました。
  またこの間行った災害部会アンケートの集計結果を、要点と合わせて説明していただきました。アンケートの項目は、各事業所での災害への備えのチェックリストにもなっているので、改めて事業所での取り組みを見直してもらうきっかけにもなりました。
 
2時間強のてんこ盛りの研修会でしたが、良い雰囲気の中で行うことができました。
皆さん、研修会お疲れ様でした。

こども部会 懇親会

2020年01月11日(土)19時~21時
 
 
2020年1月11日(土)こども部会の懇親会を区内の某所で、「ポータルサイト」の開設も記念して、16名が集合して開催しました。
こども部会副会長 ふりーす 竹内さんからご発声を頂いた後、日頃の業務への熱い思いや、ここだけばなし、これからやって行かなくてはいけないことからプライベート?まで、皆さんでたくさん語り合いました。

これまで部会を通じて、仲良くなってきた皆さんが、より近くに感じられる会になりました。
 
途中ポータルサイト開設の労をねぎらって、有志の方より秘密基地の岸さんへの花束贈呈もありと終始和やかな雰囲気でした。
 
今回参加できなかった皆さん、次回は予定を合わせて集合しましょうね。

みんなで仲良くなれますよ。
 

第4回 こども部会

2019年12月13日(金)10時~12時
 
今年度4回目のこども部会を開催しました。
 
この日の参加者は23名。放課後等デイサービスなど、障害を持つ子どもに関わる事業所を中心に、相談支援事業所や障害者の家族の会、区役所など、様々な立場のメンバーが集い、東区が障害のある子どもにとってより住みよい場所となるための話し合いをしました。
 
1つ目の議題はポータルサイトの立ち上げについて。
どんなメニューを載せるか?継続していくための工夫は?などなど、みんなで意見を出しあって進めています。
 
2つ目の議題は地域で相談支援事業所が足りていない状況について。
長くこの現場でやってこられた事業所さんや、実際東区で相談支援専門員をされている方から、現状への問題提起や、今私たちにできることは?などが話され、学びを深める機会を持ちました。
 
次回は2020年2月に第5回を開催する予定です。